システムバイアス

テクニカルやシステムはそのまま使用してもパフォーマンスの向上にはつながらない。

視覚的なテクニカルは、儲かるという前提でチャートを見てしまうことで錯覚に陥りやすい。

ある一定のルールでシミュレーションすれば、逆算してバイアスを見つけることができる。

既存のテクニカルは統計学であり、将来を保証するものではない。

システムバイアスは常に相場環境に応じて進化させることが必要である。

システムバイアスの各ページで掲載している内容は、プレミアムMAX 金融レポートで連載した「新トレーディング手法解説バージョン(2012年9/17号~2018年1/30号)」から抜粋、テーマ別にわかりやすく編集しています。

公開していない場合はリンクが「このページは作成中です」と表示されますので、会員サイトでご覧ください。

会員サイトでは全コンテンツがご覧になれます。

 

現代の複雑なシステムも結果的にそのパフォーマンス/リスクは類似したものになります。これら古典的システムは債券先物上場とともに開発され、広まりました。営業戦略の一環として一任勘定で行われ、マーケットを揺るがす存在でした。市場の注目度が高まるとロスカット基準まで読み切られ、暗黙の了解で市場につぶされたのです。 このシステムの重要性・欠点を理解した上で活用しているディーラーは少ない。

注)このサイトで公開しているシステムでは、新規建てはスリッページ(理論上の約定値との誤差)によってパフォーマンスが劣化するリスクもありますが、決済は基本的にCLOSEもしくはOPENでするため、自らの大量売買による価格変動がない限り、シミュレーションは重要視されます。

クリックでコンテンツOPEN↓

▷ トレード手法解説

公開していない場合はリンクが「このページは作成中です」と表示されますので、会員サイトでご覧ください。

会員サイトでは全コンテンツがご覧になれます。

 

THE SYSTEM

システム売買の起源

TCP

トリプル・クローズ・ポイント

アラジン

システム売買構築の古典

5日前参照ブレイクシステム

5日前のレンジを利用

スリーディレンジリバーサル

3日間のレンジを利用

ダブルMAクロスオーバー

トレンドを加味した新移動平均戦略

ギャン・リトレースメント理論

トレードシステムと50%戻しの活用

レンジ収縮とブレイクアウト   1)トビー・クラベル

ORB・ID/NR4・NR7・フック・ディ・WS4/WS7

レンジ収縮とブレイクアウト   2)ラリー・ウィリアムズ

ワンディ・レンジ・ブレイクアウトシステム / GSV(最大変動幅)ブレイクアウトシステム / 定率ブレイクアウトシステム / 5日TRブレイクアウトシステム

レンジ収縮とブレイクアウト   3)トム・デマーク

TD REBO / TD SPRING /リンダ・ラリーによるORBのシンプル化

短期チャートパターン

TD OPEN2・3・5 / TD TRAP / TD CLOP / TD CLOPWIN

テイラーと短期サイクル

テイラーの「相場観察法」

テイラー・ルールのシンプル化

80-20s

中期反転パターン

基本的なストラテジー提案

値幅観測法

TDダブルレンジ / TD DIFF / TD トレンド・ファクター / フィボナッチ級数と価格水準の突破 / マグネット・プライス

トレンド判定法

短期トレーダーに役に立つ実践的なトレンド判定法